« 「日野原重明の「生き方教室」」日経ビジネス2015.11.16号 | トップページ | 「本の小径「文学はなぜ必要か」 文科省の通知へ様々な反論」2015.12.6日経新聞(朝刊) »

2015年11月28日 (土)

自分の立ち位置が見えなくなっているので、インプットしています。

社会で起きることを見て、自分なりに考えようとするとインプットが必要だと思うことばかりでなかなかアウトプットができない状態です。

これからさらにこの状態がひどくなるような気がします。(このブログの更新間隔がますます長くなると思います。)

今感じているのは、世の中の動きがものすごく早いということと、今起こっていることがこれからどういう意味を持つことになるのかがわかりにくくなっているということ。

2010年末に起こった「アラブの春」で、アラブ社会が民主化すると思われていたものが、2015年のいま、アラブ社会はただ混乱した状態です。

イスラム国が出てきて、あちらこちらでテロが起こっています。

5年前には考えてもみなかったことになっています。

11月13日(日本時間11月14日)パリで同時多発テロが起こりました。

14日の朝に、たまたまアプリのBBCニュースを見て知ったのですが、英語があまり得意ではないので、ほんと?と思って日本語のニュースやTwitter、Facebookを見たけれど、朝の段階ではあまり情報がなく、自分で事件の大きさが判断できませんでした。

その時感じたのは、メディアが取り上げたり、たくさんの人がネットでつぶやかないと自分は判断ができない状態だということ。

自分で考えているつもりだったんですが、結局は受け売り。

判断ができるよう知識を持たないと駄目なんだなあって、わかりました。

とはいっても、いまさら急に知識が増えるわけではないので、このテロについて、その後ニュースやネットを少し追っていたんですが、なんかしっくりこない。

ニュースが日本で報道された後は、追悼のつぶやきが増えて・・その後、逆にテロや国際紛争で亡くなっている方はパリで亡くなった方の比ではないので、先進国の犠牲者ばかりを大きく取り上げるのはどうかというコメントが出てきて、それを紹介するタイムラインが増えてくる。

時間が経って新しい意見が出てくるとそれに賛同する意見ばかりが出てくる。

みんなが同じようなことを言っていることにすごく違和感を感じました。

そうなってしまうのは、SNSの特徴なのかもしれませんが、そればかりじゃないような気がして、
パッと読んでそうだなと思ったら、自分では深く考えずに賛同してしまってるんじゃないかと感じました。

今起こっていることは少し時間が経たないとそれがどういう意味があるのか、それがどういう影響を及ぼすのかがわからないし、ニュースやネットの意見を集めてもあまりあてにならない。

社会で起こったこと、特に外国で起こったことが大きな事であっても直接自分の身に降りかかるものでなければ、日常生活に何の支障もない。 だから、庶民はいろいろ考える必要はない、のかもしれませんが・・

いま世界で起こっていることは、いずれは自分たちの生活にも影響が出てくると思うんですね。

そんなの政治家が考えればいいことかもしれないけれど、自分なりに自分の頭でこれからの世界がどうなるかを考えていたい。

いま必要だなと思うのは、いまに至るまでの過去の歴史を知るということと、日本語の報道がどれも似ているので、外国の報道も読んで外国ではどのように捉えているかを知るということ。

ということで、まずは世界史と英語。

私にとって、このインプット作業、時間がかかりそうです。

« 「日野原重明の「生き方教室」」日経ビジネス2015.11.16号 | トップページ | 「本の小径「文学はなぜ必要か」 文科省の通知へ様々な反論」2015.12.6日経新聞(朝刊) »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/62720782

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の立ち位置が見えなくなっているので、インプットしています。:

« 「日野原重明の「生き方教室」」日経ビジネス2015.11.16号 | トップページ | 「本の小径「文学はなぜ必要か」 文科省の通知へ様々な反論」2015.12.6日経新聞(朝刊) »