« 「HARD THINGS(ハード・シングス)」ベン・ホロウィッツ著 | トップページ | 今年もよろしくお願いします!&リアル本屋巡り »

2015年12月27日 (日)

「目の前の釘を拾うかどうかという話」

Facebookで友達がシェアされていたものを読んで、気持ちが楽になったので残します。

元は「入れ歯ブログirebablog  某入れ歯屋代表washizuのひとりごと」

の中のタイトルのとおり

「目の前の釘を拾うかどうかという話」

『例えば歩いていて目の前に釘が落ちていた場合、おっと釘だ、またげば大丈夫!
って行ってしまう人と、

後からここを通る人が万が一踏んづけてしまうと危ないから拾って捨てておこうと拾い上げる人。

普通に考えて後者のほうがいいし、みんなそうでありたいと思っても、現実は違うんですよね。

目の前の釘を拾うという、誰にでもできることをしない。

きっとそれはその釘があることでなにが起こるかの想像力の差なのでしょう。

前者は自分とその釘の関係性しか視野にない。だから自分がまたげれば別にそれ以上は関係ないわけで、決して、いじわるして拾わない、面倒だから拾わないというわけではないのでしょう。

自分と釘との関係性の中で、拾うことになんら意味がないからなにもしない。そういうことなんだと思います。

後者は自分と釘と、さらに後から来る人という第三者との関係性、しかも範囲だったり、時間軸だったりの幅の広い視野があるから出来る行動。

決して、優しいからとか気が効くからというのではなく、視野の幅がどれくらいなのかによってその行動が取れるのでしょう。

視野が狭いとそれに気づけない。それはわざとではなく、見えていないから仕方がない。そういう人には言って気づかせるしかないし、言っても視野が狭いとただ「面倒くさい」という感想しか持たないでしょう。』

ブログは視野の広さのことを言っていて、ここで著者は、広さが必要だよねと言っているんですが、そこはまあこのブログのとおりで、詳しくはブログ読んでください・・ですが、

私の気持ちが楽になったのは、ここの例えの釘を拾わない人に対して、

「何が起こるかわかるのに、拾わないかよ」とずっと思っていたことから解放されたことです。

普通、何が起こるかわかるでしょう!!・・って考えに凝り固まっていた。

それが、想像力の差ということから考えると、

そうよね、それさえ(私は“さえ”つき)分からない人がいるのよねって判れば、想像力が乏しいだけか・・・と諦められる。

このブログから学んだのは、自分が想像力がなくて、あるいは視野が狭くて、見えるものが見えなくていろんな機会を逃しているってことよりも、


そんな人を見つけた時にイライラして、そのことに神経を使って、自分の大事な時間を無駄にしちゃ駄目なんだってこと。

そんなこと気がついてなかったの?って言われそうだけれど、今更ながら気がついただけでもいいですよね。

それにしても落ちている釘ぐらいなら、まだ影響が少ないけれど、



権限持っている人が、目の前(例えば上司に気に入られたいとか、自分の優秀さを見てもらいたい)しか見えずに行動していたら、それで逃すものは自分の利益だけじゃすまない。
それなのに、そんなことがあちこちで起こっている。

そんなリーダーばかりの日本、どんなるんだ~って叫びたくなります。

« 「HARD THINGS(ハード・シングス)」ベン・ホロウィッツ著 | トップページ | 今年もよろしくお願いします!&リアル本屋巡り »

日々情報-自分用クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/63174472

この記事へのトラックバック一覧です: 「目の前の釘を拾うかどうかという話」:

« 「HARD THINGS(ハード・シングス)」ベン・ホロウィッツ著 | トップページ | 今年もよろしくお願いします!&リアル本屋巡り »