« 「「何を得られるか」より「何を与えられるか」」DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー2月号 | トップページ | ネットの力? »

2016年1月24日 (日)

豊かな国

甘利経済再生担当大臣の国会でのしどろもどろの答弁をテレビでチラリと見て、真実がどうのと思う前に、こんな姿をさらすようなら、もう少し考えて行動すればいいのにとがっかりしてしまいます。
国のリーダーさえこんなふうだから、一般日本人は推して知るべし・・か・・・ なんて、自分の情けなさも仕方ないなんて言い訳に使ったりして・・


さて、労働組合交渉なるものにその他大勢の一人として参加しました。

我が社長さんが、ちょっとやり手の社長さんのお願いを聞いて新しい事業に協力することを約束されまして・・・

その事業内容を詰めよと命じられた部長さん、課長さんたちが、現場の意見も聞かずに事業スキームを作ってしまったものだから・・・

そんなんおかしいだろ! 

第一お客様のことまったく考えていないじゃない。

そんな事業を始めたら現場の士気がガタ落ちだし、そもそも実行不可能。

ということで、労働組合交渉に発展しました。

詳しいことはお伝えできませんが・・・

担当課長さんに何を聞いても、「組合との合意ができたら、我が課と現場で作る協議会にお諮りして、その場で・・・」
リーダーシップを取ろうなんて気はさらさらなし。

課長さん、あなたはどう考えているんですか? 
組織のトップとして、この事業をこうするつもりだっていう気持ちないの?

課長さんは、上から言われたから仕方なくやってますモード全開。
それで動かされる部下たちのこと想像してみてください。


そして労働組合、そんな課長さんたち軍団に対峙して、結果・・
交渉が決裂してはいけないので、「止むをえないと判断し・・」

はあ?

闘う気まるでなし。

おりしも新年賀詞交換会の時期。労働組合主催の交換会も各地で開催されます。
そしてそこに参加された元組合幹部。 
○○先生(議員のこと)と話をしてうんぬんかんぬん と会場の様子を自慢げにお話になれておられました。

労働組合はいずれの組合も組織率が落ちて、結果特定の方が役員を務められて、そしてその後は上部組織の役員になっていく。
もしくは組合推薦の議員さんに立候補。

やれやれです。

組織の長はリーダーシップなんて無縁、労働組合は組合員の生活よりも自分の組合的出世。 その他大勢は、そんな状況をわかっているけれど、諦めモード。
我が組織だけじゃないと思うけど・・・


それでどうにかなっている日本の国って、豊かなんだろうなって思います。

でも、このままじゃ先が見えている。

自分だけは適当に仕事してても、自分だけは自分の出世だけを考えていても、わかっているけど自分だけジタバタしても、
・・・そんな一人ひとりの気持ちが、若い方にツケを回していくんだと思います。

じゃどうすればいいんだろう。

ある程度満ち足りた環境にいるのに、将来どうなるかわからないから頑張らなければって気持ちは、なかなか起こらないですよね。
落ちるまで落ちるしかないのかなあって最近諦めの気持ちが強くなっています。

« 「「何を得られるか」より「何を与えられるか」」DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー2月号 | トップページ | ネットの力? »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/63616663

この記事へのトラックバック一覧です: 豊かな国:

« 「「何を得られるか」より「何を与えられるか」」DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー2月号 | トップページ | ネットの力? »