« 「「同一賃金」経済界の本音」2016.4.24日本経済新聞朝刊 中外時評 | トップページ | 「リーダーの本棚 日本製粉会長 沢田浩氏」2016.5.1日本経済新聞朝刊 »

2016年4月29日 (金)

「県庁そろそろクビですか?「はみだし公務員」の挑戦」円城寺雄介著

気になってはいたんですが、漫画家江川達也氏の表紙と本のタイトルで書店ではちょっと手に取るのが憚られて、読まずにいました。

が・・・、我が故郷、佐賀県の県職員さんが書いたものなので、やはり気になって読んでみました。

救急車にiPadを配備し、国内で初めて救急患者の搬送時間短縮を成功させたり、医師と協力してドクターヘリの導入を実現した方がその記録を中心に書かれています。

公務員でありながら・・という表現はまずいかもしれませんが、組織の枠にとらわれず、熱く考え行動されている姿は驚きですし、自分の日頃の考え方、行動を反省させられます。

どんな立場にいても熱い想いと冷静に考える力、そしてそれを行動に移す力があれば、それでたいていのことは実現できるのかもしれないと思います。

ただ、それが自分を含め、大部分の人にはできないことだということもよくわかります。

みんなが円城寺氏のように行動できたとしたら、日本は大きく変わるだろうと思います。

でも、それは難しい。

また、一人の人が何かをやり遂げたとしても、それを継続していくことが難しいし、継続するためには一人の人に続く人が必要です。

熱い気持ちを口に出すことは簡単だけれど、それを実行に移す。そして継続する。

本当にそれができるのは一握りの人だと思います。

じゃ、自分はそんな人じゃないからと何もしないのか? 非凡な人のように大きなことはできないけれど、自分に与えられた役割をコツコツとこなす。自分ができる範囲で最大限できることをする。

以前はすごい人の話にいいなあと思っていたけれど、この方はこの方、自分は自分のできることをしようと思います。

ところで、この方本当にすごいと思います。

組織の問題に不満をいうのではなく、問題は問題として受け止めた上で、その中で自分が何をするかを考えている。

たくさんの公務員の中で一握りの人しかできないことをしているけれど、それを自慢しているわけではない。

何かを成功させてそれで終わりではなく、ずっと取り組んでいかないといけないと意識されて、自身ができることを続けている。


それなりに年を取った自分には、自分もこの方のように・・・と思う本ではありませんでしたが、自分の位置を見つめ直して、やるべきことを考えさせられる本でした。

救急車へのiPad配備やドクターヘリ導入など、主に書かれている内容は派手でしたが、この本を読んで、逆に日々の地味で当たり前の業務の大切さをあらためて考えました。

大過なく毎日を過ごすのか、自分に与えられた仕事を通じ、自分ができることを精一杯やりたいと考え毎日を過ごすのか、自分はどっちを選んでいるのだろうか・・・自分を振り返る本でもありました。

« 「「同一賃金」経済界の本音」2016.4.24日本経済新聞朝刊 中外時評 | トップページ | 「リーダーの本棚 日本製粉会長 沢田浩氏」2016.5.1日本経済新聞朝刊 »

ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/65225637

この記事へのトラックバック一覧です: 「県庁そろそろクビですか?「はみだし公務員」の挑戦」円城寺雄介著 :

« 「「同一賃金」経済界の本音」2016.4.24日本経済新聞朝刊 中外時評 | トップページ | 「リーダーの本棚 日本製粉会長 沢田浩氏」2016.5.1日本経済新聞朝刊 »