« 「しまった!もっと勉強しとけばよかった」という言葉がなくなる環境が欲しい | トップページ | LGBT~ 自分の認識を変えた講演 »

2016年9月 4日 (日)

行政計画の説明会に参加して考えたこと

某市男女共同参画計画の説明会を聞きにいきました。
最近セミナー全般に関心が薄くなりました。
たびたび書いているような気がしますが、具体的な行動の方が関心があって、話を聞くといつも「じゃ、具体的にどうしたらいいんだろう?」って問いがいつも自分の中に出てきます。
疑問を持ったまま講師の話を聞いていると、結局自分の考えを披露することが目的で、その先の行動まで考えていない話が多いようで、講演を聞いている時間がもったいないような気がします。

たまたまいい講演に巡り合っていないだけなのだろうと思いますが・・・

さて、今回は主催者の方からご案内があって、参加者が少ないとのことでしたので、出かけてみました。
行政が作る計画はすべての市民の方を対象にしなければならないので、総花的かついろんな配慮をして作られる。

その中で、現在の社会情勢であるとか、首長が特に力を入れていることが「少しだけ」、あるいは強いリーダーシップを発揮する首長であれば「強く」盛り込まれる。・・・というのが行政計画に対する私の見方です。

この男女共同参画計画は、安倍首相をはじめ多くの方が提唱されている「女性の活躍推進」の色彩が強くでていました。

市の担当課からの説明はこんなものだろうなと聞きましたが、その後の質疑応答でいろいろ考えさせられました。

質疑の時間が30分と余裕があったのに、質問者の質問が多く、かつ長くてセミナー終了時間をオーバーしてしまいました。
いい加減、男性だから女性だからと性別だけでいろいろ言うのは止めたいのですが、セミナーは男性が多いと質問が少なくて女性が多いと質問、多いですね。

なぜでしょう・・・?

今回も女性が多かったので質問も多かった。それは良しとして、何のために質問しているんだろうという質問や質問したい人はあなただけじゃないから時間配分を考えてという質問が多かった。
質問者の中には主催者グループの方も多くて、主催者グループの方は何のためにこのセミナーを開催し、参加者に何を持って帰ってもらいたいかまで考えて、質疑の時間も含めセミナー全体を運営して欲しいなと感じました。
政策決定の場に女性を!というのであれば、自分たちの考え方を伝える場の作り方をもっと考えてもいいかなと。

立派な意見を持っているということも大事だけれど、それを効果的に伝える方法も大事。
伝え方の技術というと何か小手先のことにこだわっているみたいに思ってしまうけれど、とても大事なことなんだなと訳が分からなくなってしまった質疑応答を聞きながら、勉強をさせてもらいました。

それから行政計画について
説明者が計画を作った市の担当課だったので、せっかく市の方が出てきているんでということで、そういう形になってしまったのかもしれませんが、会場から出てきた意見が市に対する要望が多かったこと。
男女共同参画を進めるために、何をして欲しい、これを入れて欲しい、市はこうあるべきだ・・・みたいな。
でも最初に書いたとおり、いろんな考えを持つ市民の方がいて、その方々に対し市がこうすべきだというのはなかなか言えない。
実際計画の文言もこういう市を目指します程度の表現になっています。

そこで考えたのは・・・


行政が作る計画は、経済がまだ発展途上で社会が成熟していない時には、行政がある方向性を示してそこを目指しましょうと言えたように思います。
しかし、経済的なものが充足されて、そこに住む人が多様な価値観を持つと行政がある方向性を示すのは無理になってきて、結局進む方向は示せないけれど、今考えられる範囲で行政がしないといけないことを上げていますというような作りになってきているように思います。

あくまでも計画期間に国が市が何をするかを書いたものに過ぎない。「男女共同参画を進めるために今後5年間で市がすることはこれです」と言っているだけ。

だから市がこの計画を5年間実行したら、市の5年後の男女共同参画が進んでいる・・というとこまで期待してはいけない。
目標値が設定されているので市の計画を実行すれば何かが達成されるような気がしてしまうけれど、計画はあくまでも市役所内部で何に取り組んでいくかを示したもの。
市(行政)に対し、「市内のことは行政がすべき」と考えて、何でもかんでも市役所頼みにするのではなくて、市が税金を使ってこんなことをするから、では自分たちは何をするか。自分たちにできることは何か・・・市の取組に合わせてこんなことをしようとか、市がここはやらないからそれじゃ自分たちがやろうとか、行政計画ってそんなふうに使っていくものかな。

さらに・・行政の役割も時代と共に変わっていくとすれば、行政内部も行政を利用する側もいまの行政の役割は何かを常に考えないといけないのではないか。

ということで、男女共同参画というより、ほかのことをいろいろ考え、それなりに面白い時間を過ごさせていただきました。


こういうセミナーの参加の仕方もありかな。。。

« 「しまった!もっと勉強しとけばよかった」という言葉がなくなる環境が欲しい | トップページ | LGBT~ 自分の認識を変えた講演 »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/67340102

この記事へのトラックバック一覧です: 行政計画の説明会に参加して考えたこと:

« 「しまった!もっと勉強しとけばよかった」という言葉がなくなる環境が欲しい | トップページ | LGBT~ 自分の認識を変えた講演 »