« 「パート主婦 減税拡大」2016.11.06日経新聞朝刊 | トップページ | 男女共同参画のセミナーで思考停止 »

2016年11月19日 (土)

「さらばメール、仕事もチャットで」日経ビジネス2016.11.14

日経ビジネスの先週号、世界鳥瞰という連載のERONTLINEシリコンバレーという記事に「さらばメール、仕事もチャットで」という記事が載っていて

メモを残しておこうと思っているうちに、次の号が発売になってしまいました。

今週号の特集は「トランプとアメリカ 超大国が選んだ試練」。
アメリカの大統領選後、メディアはトランプ氏の話題ばかりです。

英国がEU離脱を決めたときもそうですが、今回も国民はなんでこの選択をしたんだろうとか、日本、影響受けるだろうなと直後はとても心配するんですが、数日経ってみると、なるようにしかならないようね~という気持ちです。

まあ真の当事者じゃないからかもしれませんが、どんなことになっても生きていかなきゃなんないし、周りでみんなもどうにかやっていくだろうから、しょうがないですよね。

理想郷はありませんから、ある時点で間違った選択をしても、正しい選択と比べて悪い状態は程度の問題であろうし(そもそも何が正しい選択かわからないし)、民主的な選択をしたのであれば、それは自分たちのせいだと諦めて頑張って生きるしかないよねって思います。・・・それでも、自分たちが選択できるときは、ちゃんとその選択の場にいて(例えば選挙だったら投票に行く!)、自分が思ういい方向に行くように行動を起こすべきという考え方は変わりませんが。

さて、記事に戻って・・・

この記事では、シリコンバレーでは、LINEのようなメッセンジャーアプリのビジネス版、「スラック」がかなり普及し始めていて、マイクロソフトがこのサービスにそっくりなサービスを発表したことも書かれています。

『上司が送ったチャットに「スタンプ」だけで返事をする使い方が当たり前。』とあって
最後は『電子メールの宛先を「偉い順」にする日本企業にとっては、チャットは導入が難しい恐れもある。もしそうなれば、「ファクスを使う日本企業」が時代遅れと海外で笑われているように、「電子メールを使う日本企業」が笑われる日がやってくるかもしれない。』と笑えない内容で締めくくられています。

それで、記事の内容もさることながら、自分が仕事をしてきた過去を振り返ってみると、そもそも手書きやソロバンだったものが、30年そこらで、仕事にパソコンがないなんて考えられない状態になって、コミュニケーションも電話からFAX、メールに移ってきて、いまやメールがない状態は考えられません。

それが記事に出てくる種類のアプリに置き換わるかどうかはおいておいて、これはあくまで過渡期であって、というか、これからもずっと過渡期で、どんどん新しいツールが出てきて、それはハードではなくてソフト的なもので、それも加速度的に新しいものに移っていって、数年前、もしくは昨年の仕事のやり方とはまったく違うやり方が主流になっていくのではないかと、何か恐ろしい感じがします。

そして、記事の最後にもあるように、当然ながらそれに乗り遅れるところも出てきて、主流に乗れたところと乗れなかったところでは、まるで別世界という状況になるのではないか? そう感じます。

そして、さらに自分はいつまでも乗り遅れた世界にいて(日本に、さらに田舎に住んでいますから)、世の中で何か起こっているのかがまったくわかっていない・・・ってことになるんじゃないかとかなり悲観的な気持ちになります。


シリコンバレーの仕事が紹介されていて面白い記事でしたが、余計なことまで考えて、ちょっと暗い気持ちになりました。

« 「パート主婦 減税拡大」2016.11.06日経新聞朝刊 | トップページ | 男女共同参画のセミナーで思考停止 »

日々情報-自分用クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/68490592

この記事へのトラックバック一覧です: 「さらばメール、仕事もチャットで」日経ビジネス2016.11.14:

« 「パート主婦 減税拡大」2016.11.06日経新聞朝刊 | トップページ | 男女共同参画のセミナーで思考停止 »