« 2017年元日 | トップページ | 「僕らが毎日やっている最強の読み方」池上彰、佐藤優 »

2017年1月 3日 (火)

『展望2017(5)「賃上げは利益に」共有を 大阪大教授 大竹文雄氏』2016.12.31日経新聞朝刊

数日前、昨年末の記事ですが、日経新聞の特集『展望2017』の5回目は労働経済学者の大竹文雄氏でした。

記者の質問に答える形で記事が構成されています。

「問い」に対し、答えた部分で気になったところをクリップします。

(問2)資本主義は機能不全に陥ったのですか。

 「そうではない。資本主義が広がったおかげで世界は豊かになった。新興国が豊かになり、先進国が得していた部分が少なくなった。社会主義が出てきた時、資本主義国は福祉の充実や公的部門の拡大で所得格差を縮める努力をした。それがいま足りなくなっている」

・・・資本主義は、福祉の充実や公的部門の拡大など、所得格差を縮める努力をしなければならないシステムであることを理解して、そのために今政府が何をしているかを知らなければならないし、やるべきことが不足しているとしたら、危機感を持たなければいけないし、いま何が必要かを考え、発言するということも大事だと考えます。

(問3)具体的に何をすべきですか。

 「一つは税や社会保障を使って、低所得者の賃金を補助することだ。もう一つは若者や中高年への教育投資をすることだ。企業に賃上げをしてもらうことは難しい。労働分配率を高めないと社会システムを維持できないという認識が共有され、賃上げによってより利益が上がるという考えが広がるといい」

・・・「低所得者の賃金を補助」することも「若者や中高年への教育投資」もやるとしたら、やり方の方が問題ではないかと思う。補助すべき「低所得者」の定義は何か。「賃金」に対し補助するのか?「教育投資」という時の「教育」の中身は何か?等  

「企業に賃上げをしてもらうことは難しい」というのは確かにそうかな。いくら首相が賃金を上げよと言ってもメリットがなければ企業は動かないのではないか?

「労働分配率を高めないと社会システムを維持できない」というところはまさにと思います。

企業も社会システムの上に存続しているのだから、長期的な視点を持てば、今利益を上げればいいという発想では駄目だというのはわかるはずなのに・・・「労働分配率を高めないと社会システムを維持できない」は、当然共有されて欲しい。

(問4)日本は賃金の伸び率は低いままです。

(前略) 

 「日本をはじめ、先進国の長期停滞論がいわれ始めた。財政政策では、一時的な需要をつくれても持続的な成長は実現できない。企業経営や働き方を変えるような地道な取り組みの積み重ねでしか、成長は高められないからだ。長時間労働で、生産性が低い日本は非効率な点を改善する余地がある」

・・・財政政策は一時的な需要を作るもので持続的成長は実現できず、「企業経営や働き方を変えるような地道な取り組みの積み重ねでしか、成長は高められない」・・そのことに気がついていないのか、地道であるがゆえにわかっていても無視されているのか・・・長時間労働に意味があるかどうかを真剣に考えないといけない。いい加減、長時間労働を美徳と考える見方はなくなって欲しい。

(問6)財政の立て直しも課題です。

(前略)

 「賃金が下落したら年金も抑制する法律を野党は年金カット法と呼んだが、シルバー民主主義を克服する手段としてその内容を高く評価している。経済を活性化しないと年金が増えないということを意識するようになれば、高齢者は若者をサポートする政策に賛成しやすくなる」

・・・いままで積み立ててきた年金の財源が確保されているわけではないので、財政が破たんしたら年金もどうなるかわからない。それなら年金を受給する高齢者も日本経済に貢献しないといけないのではないか。

直接経済活動ができないなら、若者をサポートする政策にお金を使うことに反対してはいけないのではないか。

抜き出し始めたら、全文クリップしたくなってしまいましたので、別に保存しました。


記事中その他の質問

(問1)反グローバル化のうねりが出ています。
(問5)なぜ、物価は日銀が描いた通りに上がらないのですか。

« 2017年元日 | トップページ | 「僕らが毎日やっている最強の読み方」池上彰、佐藤優 »

日々情報-自分用クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/69097919

この記事へのトラックバック一覧です: 『展望2017(5)「賃上げは利益に」共有を 大阪大教授 大竹文雄氏』2016.12.31日経新聞朝刊:

« 2017年元日 | トップページ | 「僕らが毎日やっている最強の読み方」池上彰、佐藤優 »