« 「親の介護をする前に読む本」東田勉著&「ライフシフト」リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著 | トップページ | 我が組織「職場活性化フォーラム」の個人的感想 »

2017年1月15日 (日)

「知の仕事術」池澤夏樹著

2017年1月、集英社からインターナショナル新書が創刊され、5冊の本が出版されるという新聞広告を見て、新しいシリーズの新書が出ることと本のタイトルに惹かれ、最近本代がかさんでるよねと躊躇しながらも買った一冊。

少し前に読んだ池上彰氏と佐藤優氏共著の「僕らが毎日やっている最強の読み方」と同じように、道具としての「知」について書いた本かなと思っていました。

“はじめに”は、

『しばらく前から社会に大きな変化が目立ってきた。
人々が、自分に十分な知識がないことを自覚しないままに判断を下す。そして意見を表明する。そのことについてはよく知らないから、という留保がない。
もっぱらSNSがそういう流れをつくった、というのは言い過ぎだろうか。』

から始まり、個人が安易にインターネット上に表明した意見が、社会を動かしていく状況が書かれています。

そして、

『この本はそういう世の流れに対する反抗である。
反・反知性主義の勧めであり、あなたを知識人という少数派の側へ導くものだ。』と書きます。

カバーの紹介には、『混迷深まる現代を知的に生きていくためには、「情報」や「知識」だけでなく、さらに深い「思想」が必要だ。』ともあります。

そういう本なのねと理解した上で、読み進めるうちに
池上氏&佐藤氏の本が道具としての「知」をいかに手に入れて使っていくかを書いた本であるのに対し、この本は「情報」や「知識」を集め考えて、文章にする=自分の思想を文章として表現する(アウトプットする)ことについて書いた本  
と自分では理解しました。

情報や知識と書かれていながら、本について書いた部分がかなり強く印象に残りましたが、随所に出てくるエピソードに、知識人と呼ばれる人たちは、どのようにしてそれほどまでの知識を集めていくのかと気が遠くなりました。

読み終わって、年取った非知識人が今更ジタバタしてもと絶望的な気持ちにもなりましたが、
それでも自分なりに情報を集めて理解し、自分の頭で考える続けることが大事で、そのために文書を書いてみる(もちろん、よく知らないけどと断りながら)のは意味があることではないかと思い直しました。


知的好奇心の強さが伝わる本で、読み始めたら面白くて最後まで一気に読んでしまいました。
新しく出る本にもこんなに面白い本があって、その上、過去の名著も読みたい本がたくさんあります。いままで本を読んでこなかったつけは大きいですね。
読みたい本を全部読むには、とても時間が足りないです。

« 「親の介護をする前に読む本」東田勉著&「ライフシフト」リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著 | トップページ | 我が組織「職場活性化フォーラム」の個人的感想 »

ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/69253327

この記事へのトラックバック一覧です: 「知の仕事術」池澤夏樹著:

« 「親の介護をする前に読む本」東田勉著&「ライフシフト」リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著 | トップページ | 我が組織「職場活性化フォーラム」の個人的感想 »