« 「リーダーの本棚 ユーグレナ社長 出雲 充氏」2017.2.19日本経済新聞 | トップページ | 日経新聞が変わった! »

2017年3月 4日 (土)

自分が働く組織のこと

国と都道府県と市町村、国は方向性を決めるところ、市町村は住んでいる方と直に対峙して、地域行政を運営するところ。
都道府県は?
国と市町村の間で、いらないんじゃないの?という方もある組織?
そんな中間のある組織で働く私。
情報システム導入の説明会に行って、がっくり肩を落として帰ってきました。
3月初旬のこの時期に4月1日から導入するシステムの説明会が開催されるということ自体、嫌な予感がしていたんですが・・・

公的機関に限らず情報流失が大きな問題になる昨今。
データを持ち出す際に、上司が承認するシステムを導入するという話なんですが、組織で使うデータは原則組織内LAN内で使用するので、各事務所で作業をする分は特に問題なし。
それを例えば出張先とか、LANが設置されていない場所で使う時にデータを持ち出します。
持ち出しは例外的なものだけれど、業務によっては毎日頻繁に持ち出す必要があります。
で、説明を聞くと、そもそもの設計がそんな業務をする部署があることを想定していたかって内容になっている。

説明を聞きながら、うそ・・・まさかと・・・。

この説明会の前にどこかの事務所でテストしたのかな?

いきなり本格稼働で大丈夫かな?

「特定の役職以上のパソコンじゃないと作業ができません。」と説明されます。

業務の準備は担当者がする場合が多いから、使うパソコンを役職に限定するのは現実的ではないし、その役職は作業の間、パソコンが使えず仕事にならない。

淡々と続けられる説明内容。おかしいことはこれだけじゃないけれど、あまり書けないので・・


これから差し障りがでてくるということは置いといて、なぜこんなことになったのか?


まず、データを守ってますっていうシステムを作ることが優先されて、利用者の使い勝手が忘れられた。

データ流出を恐れるあまり、住民の方へのサービスを提供する業務を優先するという視点が抜け落ちた・・・
誰がお客様かということを常に考えていれば、起こらない事態じゃなかったかなあ?
考えて当たり前のことを考えていないとすれば、何も考えていないのではないか?

私のいる組織ってこんな組織だったんだろうかと思ったら、がっくり力が抜けてしまいました。

もっと考えるとこんな組織でも、地域は特に困っていない。ひょっとして必要ない?

組織の中では人が減らされて、それなのにやるべき仕事は逆に増えて、中枢では残業が常態化しています。

目の前の課題をこなすだけで精一杯で、考える時間がないんだろうと思います。

毎日長時間仕事をして、何か形になるものがでてきて・・・

すごく仕事をしている感じになっている人と何やってんだろうと思って心身に不調をきたす人がいるような気がします。

みんなおかしいと思いながらも変えられない? 
とすると救いようがない。

それでも地域は困らない。 


説明会から数日経ちました。
こんな組織で働いているんだとショックを受けたけれど、どうにか落ち着きました。
おかしいと思いつつ、何もできません。
無力感を感じるし、グチグチいいながらも辞めることもできない自分を情けないと思います。



う~ん、自分が見たり、聞いたりした狭い話から考えているかもしれませんね。
すごく頑張っている人・部署が地域ですごく役に立っているかもしれませんよね。

« 「リーダーの本棚 ユーグレナ社長 出雲 充氏」2017.2.19日本経済新聞 | トップページ | 日経新聞が変わった! »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/69808053

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が働く組織のこと:

« 「リーダーの本棚 ユーグレナ社長 出雲 充氏」2017.2.19日本経済新聞 | トップページ | 日経新聞が変わった! »