« 日経新聞が変わった! | トップページ | 「底ぬけビンボー暮らし」、「潮風の町」 松下竜一著 »

2017年3月11日 (土)

安全衛生の会議に出席して

職場の安全衛生に関する会議に出席しました。

上席の方が健康推進員をしており、本来はその方が出席するはずなのですが、会議が重なったので代理出席しました。

私たちの組織は、基本各事務所単位で職場の安全衛生に取り組みますが、同じ地域の事務所10数か所がグループを作って、そのメンバーで年、数回会議を開催しています。

各職場で実施している安全衛生について他の事務所の事例を参考にできるように、情報交換を目的として、この会議が持たれているようです。

今回は、年度末になって、今年の総括と来年度の計画を行うものでした。

初めて参加して新鮮だったので、ちょっと気がついたことを書いてみることにしました。

まずは、どこの職場もそれぞれ独自の取り組みをやっていて、職場の安全衛生がともすればおざなりになっているんではないかと思っていたので、ちょっとした驚きでした。

でもそれは、それぞれの事務所が安全衛生に配慮しなければならない事情があるということで、

例えば、建物が、バリアフリーをあまり考えられていない、すごく昔に建てられていて、階段の手すりがないというところが数か所あったり、

残業時間の月平均が60時間を超えている部署があるけれど、特殊な業務なので、他の部署から応援を出せないとか、

メンタルヘルス不調の方が増えて、その方々への配慮とともに、(人員が増やせないので)他の方にどんどん負担が行っている話とか、

いま世間でよく言われていることが、我が職場でも切実な問題になって、それで各事務所が真剣に考えるようになったんだなと。

でもやはり安全衛生は、取り組んでいる総務や人事にとっては優先事項であっても、事業を行っている部署にとっては、忘れ去られがち。

健康管理は個人の問題と考えている上司もまだまだ多いんじゃないかとも感じました。

会社のために、社会のために、あるいは自分の成果のためにひたすら働くっていうのがあって、そうじゃないといい仕事はできないという考え方もあるけれど・・・

人生のある時点ではそういう経験も必要だと思うけれど、それがずっと続くことに耐えられる人はそう多くないだろうし、まして山積みになった仕事に意味があるんだろうかなんて考える状態だったら、身体も精神も持たないことは想像がつきます。

人間は動物なんだから、仕事時間中は目いっぱいやって、時間が来たらさっと仕事を止めて、それ以降は家庭や地域のことを考えて、十分に休養もとって、というのが当たり前で、

それで家庭で子どもやパートナーを大事にして、しっかり次世代を育てていくとか、明日の仕事に向かえるよう自分を管理するとか、

会社だけが繁栄すればいいんじゃなくて、地域も大事で、それは誰かがするんじゃなくて自社で働く社員が住民として当然にすることって考えてもらいたいなと思います。

自社の社員は、家庭から育つ。

人が育つための環境を整える。

人は24時間生活する環境の中で育つのだから、家庭や地域の役割もとても大切。

次世代を担う子どもたちが、学校だけじゃなくて、家庭や地域でどのように過ごせるか。

自社を担う次の世代のために、仕事を終えた社員が、家庭や地域で過ごす時間を充実できるように環境を整えることも必要では?



企業がゴーイングコンサーンというなら、そこまで考えてもいいんじゃないかなと。


人間が単純労働で価値を稼いできた時代から、平凡な社員さえ、クリエイティブなものを求められるような時代に変わってきていて、社員の労働の質を高めるために、何をすべきかと視点もあっていいのではないか。

個人は個人で会社がどうにかしてくれるのを待つのではなく、これでいいのかって思ったら、もう少し頑張れるって思わずに、「これでいいのか?」をとことん考えて、自分なりに行動を起こすことが必要なのではないか。


よその職場の発表を聞いて、会議中や会議後にいろんなことを考えましたが、うまく書けず、伝え切れてません。

アウトプットはうまくできませんが、代理でしかたなく行った会議でしたが自分なりに得たものが多い会議でした。

« 日経新聞が変わった! | トップページ | 「底ぬけビンボー暮らし」、「潮風の町」 松下竜一著 »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/69893670

この記事へのトラックバック一覧です: 安全衛生の会議に出席して:

« 日経新聞が変わった! | トップページ | 「底ぬけビンボー暮らし」、「潮風の町」 松下竜一著 »