« 「底ぬけビンボー暮らし」、「潮風の町」 松下竜一著 | トップページ | 1か月に1つブログ »

2017年4月30日 (日)

「ライス回顧録 ホワイトハウス 激動の2920日」コンドリーザ・ライス著

もはや前の前になってしまったアメリカ大統領の時代の外交政策を国務長官だったライス氏が振り返った日本語版2013年7月出版の本を今頃読みました。

IQ 200超と持つ言われた方が、当事者として記録したアメリカ外交。

世界のリーダーとしてアメリカがリーダーシップを発揮するのが当然という前提の下で外交が行われていて強いアメリカを感じます。・・今のアメリカの状況と比べてしまいます。

しかし、欧米中心の考え方が強くて、アジアの理解は薄いように感じます。欧米のリーダーたちの目にアジアがどのように映っているかがなんとなくわかります。

トップの立場から書かれているので、登場するのは各国のトップで、リーダーたちの性格まで描かれていることで、国際関係が一握りのリーダーたちの考え方、リーダー間の相性で決まっているように見えます。

・・相応しくない人が国のトップになると国民すべてが不幸になるんだなあと思います。

各国の政治家も生身の人間で、ものすごく優秀であったとしても、自分が消化できる限られた情報で、かつ一部の限られた人たちだけの目線(特権階級の目線)で意思決定をしているとすれば、普通の一国民が自分の住んでいる地域ともう一つ、比較的自分の関係があるとか、あるいは少し気になるとかぐらいの理由でもいいから、普通の人の目線で外交を見ていくのも大事だと感じました。

本質はエリートが見えていないところにあるかもしれません。

人は経験したことからしか想像ができない。

生まれた時からエリートとして過ごしているとエリート以外の人が理解できないのでは?

本が伝えたかったことではないと思いますが、そんなことを感じてしまいました。 

« 「底ぬけビンボー暮らし」、「潮風の町」 松下竜一著 | トップページ | 1か月に1つブログ »

ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/70426325

この記事へのトラックバック一覧です: 「ライス回顧録 ホワイトハウス 激動の2920日」コンドリーザ・ライス著:

« 「底ぬけビンボー暮らし」、「潮風の町」 松下竜一著 | トップページ | 1か月に1つブログ »