« 「本物の思考力」出口治明著 | トップページ

2017年8月 1日 (火)

自分自身にとっての仕事

最近雑誌を読まなくなっていたんですが、久々にちょっと丁寧に読んでいたら、おやおやと思う記事を見つけたので。

日経ビジネス2017.07.31 No,1902号

毎号、「往復書簡」というタイトルで読者の投稿が載るのですが、「働き方改革で浮いた時間をどう活用?」って投稿。

「時事深層 実践!働き方改革 味の素」(6/12号)(6月12日号の「時事深層 実践!働き方改革 味の素」特集を読んだ方の投稿)

自分の職場の働き方改革が進められているそうですが、

『・・・しかし、どうも乗り気になれない。客観的に見れば働き方改革の大義は分かるし必要だと感じるが、主観的には働き方を変えたいとか、浮いた時間でこれがしたいという欲求・エネルギーが不足している気がする。
なぜかと考えていた時、同記事の「個人の生き方に直結するからこそ、自分で決めるべき」とのコメントを読み、まさにそこがぶれているからだと思い至った。

変化し続ける労働環境の中にあって自身がどうありたいのか、浮いた時間を何にどう投資していいのか。もやもやしながら働き方を改革している人は多いのではないだろうか。』
富山県の31歳、会社員の方。

投稿された方が気に障るかもしれないけれど、匿名だし、私のこの文章を読むことはほとんどないでしょう・・

31歳とまだまだ若い方がこんな考え方するのかなとかなりびっくりしました。

仕事がすべてと思わされている感じです。

私だと・・

まず自分がどういう生き方をしたいかを考えると、確かに一生懸命に仕事をしてやりがいを感じたいと思うけれど、家族のことも大切にしたい。そのためには、その時間も取らないといけない。

職場だけだと寂しいからいろんな世界を経験したい。そのために、本を読んだり、旅行に出かけたり、面白そうな遊びをしてみたい。

自分の人生は有限だから、自分が何をしたいか、何を大事にしたいかを自分で考えて、時間を割り振っていく。


終身雇用がほぼ崩れて、人と同じような働き方ができなくなったし、学び方だって大学院に行ったり、海外にでたり、社会人になってからも学校に通ったりと多様になった。
前に行く人の生き方が参考にならなくなったと50代の私でも感じています。

偉くなったり、お金持ちになったりすることに魅力を感じる人が少なくなったんじゃないかなと思います。(そりゃ、偉い方がいいし、お金はあった方がいいけど)

いろんな価値観が溢れて、世の中が不安定になって、世の多数が言うことが自分には当てはまらない。

周りが参考にならないから、自分の生き方は自分で考えていくしかない。

仕事だって、生きるために仕方なくの人もいれば、面白くて面白くて仕事が人生っていう人もいていいと思います。

仕事って結局そんなもの。

若い頃みんなと同じような生き方をしてきた私だって、そんなふうに考えるようになってきているから、私たち世代とは比べ物にならないくらい膨大な情報に囲まれている若い人の考え方ってもっと多様だと思っています。

だから最初の投稿に戻って、30代でこういうふうに考えているって、あまりにも職場の中だけで過ごし過ぎているのでは?

いまの仕事だけに時間を使って、一日中その職場にいたら、自分の頭で考えるための情報が入ってこなくなってしまう。

何も考えず、取りあえず仕事。

そんな状態になってるんじゃないか?
そんな人も多い?
若い方の新しい発想が古い日本を変えて行く・・・なんて思っている私は、少し心配です。

« 「本物の思考力」出口治明著 | トップページ

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/71300210

この記事へのトラックバック一覧です: 自分自身にとっての仕事:

« 「本物の思考力」出口治明著 | トップページ