« 「純ジャパニーズの迷わない英語勉強法」上乃久子著 | トップページ | 2018年元旦 »

2017年11月 3日 (金)

「インドで考えたこと」堀田善衛著

情けないほど本を読んでいません。

最近、本を読まないって報道があったように思いますが、その中に「月に一冊も本を読まない人が・・・」とあったような・・

月に一冊は最低ラインってことかな。

かつて月に4,5冊は読んでいて、それでも年間50冊程度で、少ないなんて思っていましたが、いまや・・・10月は1冊。

今まで本を読んでいた時間は、何をしているんだろうと考えてみると、特に何もしていない。ぼんやりテレビ見ているのかな?

もちろんたくさん読めばいいってもんじゃなくて、一冊を丁寧に読んでもいいと思います。でもそれさえしていません。。。


さて、そんな読まない状態の中で、読んだ「インドで考えたこと」

どこか旅行に行きたいなあと思いながら、本棚を見ていて、かつて買ってそのままになっていたこの本を読み始めました。

スキマ時間にダラダラ読んで、読み終わるまで時間がかかりましたが、とても新鮮な本でした。

1957年に岩波新書の初版が出ている本なので、ずいぶん昔に書かれたもの。

著者が日本の文学者としてドイツで開かれた会議に出席するため、会議期間、割と長期にインドに滞在し、会議に参加する主にアジアの方と一緒に過ごす間に考えたことを書いたもの。

インドでの観光やインドと英国との関係、インドの歴史なども書かれていました。

もう60年も前のことを書いたものなのに、ぜんぜん古さを感じない。

あるがままに存在するインドを見て、欧米に追随して進んでいく日本を比較しながら様々なことを考えているのですが、

まさに、いま、私たちが欧米型の生き方に疑問を感じていたり、経済的な豊かさで豊かな生活につながるのかなんて考えていたりしますが、
同じ様なことが書いてありました。

自然体で書かれていて、インド、欧米、そして日本、疑問を呈しつつもどれがいいとは言っていない。

強く感動する本ではありませんでしたが、いい本だなあと思いました。

読み終えて・・・自分が生まれた国、日本、そしてアジアをもっと知りたいと思いました。

« 「純ジャパニーズの迷わない英語勉強法」上乃久子著 | トップページ | 2018年元旦 »

ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/72125468

この記事へのトラックバック一覧です: 「インドで考えたこと」堀田善衛著:

« 「純ジャパニーズの迷わない英語勉強法」上乃久子著 | トップページ | 2018年元旦 »