« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月21日 (土)

ほとんどの人が形のないものを追わなくなった

W.S.チャーチルの「第二次世界大戦」を読んでいます。河出書房新社の文庫本で4冊。

チャーチル本人が、戦争の進捗を細かく書いているので、ち密なことの苦手な私は読むのに苦労していて、もう4か月ぐらいダラダラ読んでいます。

最近、チャーチルの映画も上映されていて、そのタイトルに「ヒトラーから世界を救った男」ともあるのですが、

とても困難な中で、私欲を捨てて、国を守った人がいたんだなあと~

日本でいうと明治維新とか・・かつては、信念を持って、理想とかあるべき姿を追求している人がいた。


振り返って、今

信念とか、理想とか、地域愛とか・・・そういう形ないものを追うことが何か恥ずかしいような時代になってしまったのかなあと感じます。

会社を興して、お金を稼いで、あるいは会社を大きくして、上場して・・なんていうのはありだけれど、

地域を良くしたいとか、お客様のためにとか、本気で思っていることが、なんか、そりゃ理想だろうけど、とか、そんなこと本当に思っているんのってなっている。

政治家が地域のためになんて言っていて、結局は自分の当選のためだったり、
社長がお客様のため、なんて言いつつ、コストを下げて粗悪なものを売って、儲けだけしか頭になかったり・・・

結局みんな肩書だったり、お金だったりが大事なんだという世の中で

純粋に理想であるとか、社会のあるべき姿であったりとか、形のないもの追うことが・・ありえな~い状態なのかなって思います。


と昨日書いていたんですが・・・


これは、私の周りの組織にお勤めで安定的な収入がある方々だけの傾向かな~って思ったりもします。

最近狭い世界にいるからなあ~

2018年4月14日 (土)

面白い仕事

4月から新しい事務所に異動して働いています。

まだ10日働いて、まだ全体像がつかめていない状態ですが、問題点が見えてきています。
この事務所、2年前に本社(我々の組織では本当はこう呼ばないが)から独立して運営されています。

たった2年しか経っていないから、というべきか、2年も経っているのにというべきかわかりませんが、いまだに組織が固まっていない。

予算は現在も本社部署にがっちり管理されていて、支払いをいちいちチェックされる。
今まで長いことこの組織で働いてきたけど、そんな事務所ないよ・・・

まあ一例ですが、たくさんの問題点が気になって、ムクムクと我が“仕組み整理大好き”が頭をもたげてきて、本社と事務所の関係を整理したいと考えています。

それから、我が事務所、ちょくお客様に接する事業を行うところ。

事業を考えることも好きで、さらに2年間総務オンリーの仕事をしていたために、こっちもワクワクして、いろいろやりたいことが思い浮かぶ。

それで、今週後半は、事務所とはどうあるべきとか、こんな事業をやればいいんじゃないか等ばかり考えていたけれど・・

いや待てよ、もう少し細部をきちんと理解することが先ではないか、この時期にやっておくべき仕事を淡々とこなすことが先ではないかと気がついた。

仕組みを整えないとやれないことは確かにあるけれど、今の仕組みの中でやれることの方が多い(はず)。

方向性を示してその器を整えるということはとても大事だけれど、器を整えても、それを実際に動かすことが大事。

実行してなんぼ。

大きな仕組みを考えるのは面白いけれど、日々やるべきことを淡々とこなし、滞りなくサービスを提供することが第一。

いろいろ考えずに、まず必要な行動をするということですね。

こんなことを考えていたら、おおっ、これって昨日読んだ「ドラッカー365の金言」(上田惇生 訳)にあったぞ~と思って、あらためて読んで見ました。

「ACTION POINT: あなたの組織の価値観とリーダーの価値観とを照合してください。両者をすり合わせ、行動に具体化する方法を考えてください。」

う~ん、「行動に具体化」っていうところが引っかかっただけか。

ところで、この本 2005年に出た本で、積んだままになっていたんですが、結構な値段だったので、今頃毎日読んでいます。

1日1ページ、ドラッカーの著作から一部を切り取ったものを載せてあります。それなりに毎日気づきはありますが、一部を抜き書きされているんで、これはどういう文脈の中での話なのだろうかと気になってしまいます。


著作全体を読まないと主旨がよくわからないなあと思うことも多い。

毎日1ページでドラッカーの多くの著作に触れるっていうのは、こんなことも言っているんだと手っ取り早く知るのにはいいけれど、、思ったより得るもの少ないんじゃないかな~と(このまま惰性で続けるだろうけど)、思うところです。


それにしても、私のタイムリミットは2年。2年で満足いく仕事ができるんだろうか? 
残された時間を意識して、がんばります!


20180414_060638

2018年4月 8日 (日)

「「考える人」は本を読む」河野通和著

ここ1年ほど、本を読む気がまったく失せていて、1か月に一冊も読まないこともありました。

でも、このところ、急に本を読む気になって、手に取ったのがこの本。

2018年3月26日号、No,1934の日経ビジネスのBOOK紹介記事をこの著者が書いておられて、その文章に引き込まれて、紹介されていた本3冊も気になったんですが、この河野さんが書かれているものを読んでみたいと思い、この本を手に取りました。
新書版。

本の帯に「極上の読書案内」と紹介されていて、本を紹介する本なのですが、面白い。
いままで、本の紹介を読むと紹介されている本に関心が行っていたんですが・・それが読書案内としては普通・・

この本は、この本そのものが面白い。

通勤のバスの中で読んでいて、涙が出てしまうことも。

ただ本を楽しむために本を読む。

自分の趣味の欄に「読書」と書いてきたけれど、自分の趣味は例えば知識を得るために読むような、ほかに目的を持った読書だったなあと。

面白いから本を読む。

面白そうだから、ただ読む。

ただ本を楽しむ。

これからは、本当の「趣味の読書」をしてみたい・・・そんな気になった本でした。

20180408_143449

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »