« 面白い仕事 | トップページ | 成年年齢引き下げ »

2018年4月21日 (土)

ほとんどの人が形のないものを追わなくなった

W.S.チャーチルの「第二次世界大戦」を読んでいます。河出書房新社の文庫本で4冊。

チャーチル本人が、戦争の進捗を細かく書いているので、ち密なことの苦手な私は読むのに苦労していて、もう4か月ぐらいダラダラ読んでいます。

最近、チャーチルの映画も上映されていて、そのタイトルに「ヒトラーから世界を救った男」ともあるのですが、

とても困難な中で、私欲を捨てて、国を守った人がいたんだなあと~

日本でいうと明治維新とか・・かつては、信念を持って、理想とかあるべき姿を追求している人がいた。


振り返って、今

信念とか、理想とか、地域愛とか・・・そういう形ないものを追うことが何か恥ずかしいような時代になってしまったのかなあと感じます。

会社を興して、お金を稼いで、あるいは会社を大きくして、上場して・・なんていうのはありだけれど、

地域を良くしたいとか、お客様のためにとか、本気で思っていることが、なんか、そりゃ理想だろうけど、とか、そんなこと本当に思っているんのってなっている。

政治家が地域のためになんて言っていて、結局は自分の当選のためだったり、
社長がお客様のため、なんて言いつつ、コストを下げて粗悪なものを売って、儲けだけしか頭になかったり・・・

結局みんな肩書だったり、お金だったりが大事なんだという世の中で

純粋に理想であるとか、社会のあるべき姿であったりとか、形のないもの追うことが・・ありえな~い状態なのかなって思います。


と昨日書いていたんですが・・・


これは、私の周りの組織にお勤めで安定的な収入がある方々だけの傾向かな~って思ったりもします。

最近狭い世界にいるからなあ~

« 面白い仕事 | トップページ | 成年年齢引き下げ »

備忘、メモ(考えたこと、感じたこと)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460910/73343833

この記事へのトラックバック一覧です: ほとんどの人が形のないものを追わなくなった:

« 面白い仕事 | トップページ | 成年年齢引き下げ »