« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月17日 (日)

育とうと思わなければ育たない

職場で子どもほども年が離れた部下に、職場内で「もういい加減にしてください。あなたは感情的だ」と言われました。

その後、その部下、昼から休みを取りますと言って、そのまま帰ってしまった。
それが先々週の金曜日で、休み明けに出てきた際も一言もその事に触れず、当然ながら申し訳なかったの言葉もありませんでした。

私がとても至らない上司だったとしても、組織運営上、だいぶ下の部下が上司を罵ることが信じられない。

また、その後、その人に対し、おかしいという人がいないということで、私はそれほどおかしなことをしてきたんだろうかと考え続けています。

その人及び私に対して、我が上司や同僚が何も言わない、なかったことにしていることで、私は、我が組織に対しても失望しています。

この方、今年3月で退職されて、4月から他のところで働き始めます。辞めるからどうにでもなれって思っての行動だったのだろうと思います。

我が組織、そもそも2年前に急に組織が変わって、急ごしらえで作られたため、よく検討されておらず、人員が不足しています。

その上今年になって、長期休暇が出て、業務分担が変則的になってしまい、それが管理職と各担当者に負担になっているというのがあります。

そんな中で、この方、30代半ば、育児のための休職期間はあるものの、10年以上働いてきて、企画部門、それから外部への派遣、そして事業部門と多様な経験があったので、主体的に仕事をしてもらえるものと思って、細かい指示は出してこなかった。

しかし、数か月仕事をして、複数の大きな失敗をして・・・当然ながら、そのために、本人だけでなく周りが後処理もしました。

遠距離通勤の上、家庭の事情がある、自分の業務分担は多すぎるとも言われて、この方のために業務分担を行いました。

今年ここに転勤して来たばかりだから、慣れればと思いつつ、近い将来、管理職になるべき人でもあるので、自分が身につけてきたノウハウも折あるごとに教えてきた。

教える際に、「はい、はい(わかってます風)」をやたら入れるので、ちゃんと聞いてるかなと思っていたけれど・・・

失敗をフォローし、組織が決めた業務分担に異例の見直しをし、でも組織目的を達するために必要だとやむなく周りが無理をさせて、フォローしてきた(と私は思っていた)。
でも彼女にとっては、失敗してことはちゃんと処理をして終わったこと、自分ができなかった業務は自分の事情上当然自分がすることではなかったことだった(のだろうか?)。

この時期になって、彼女の仕事が一段落したようだったので、私の仕事をちょっと代わりに頼んだところ、それはあなたの仕事だ、自分にはできないと言われてしまった。

相手のある仕事で急ぐものだったし、自分は山ほど仕事を抱えていて、私の判断では彼女にできないことではなかったので、ちょっと難しいことだけど、できないことないと思うし、もしうまくいかなかったら代わるからっと言ったところ、それはあなたの仕事だ、前のところでもそれは管理職の仕事だったと強く言われてしまった。

売り言葉に買い言葉、「あなたの締め切りのある仕事に配慮して、他の方にあなたの業務をやってもらっている。それが終わったのだから、やっていただきたい。」ときつめに言ってしまった。

まあ、この時の私の対応はけっして褒められたもんじゃない。大いに反省すべきとは思います。

で、冒頭のもういい加減にしてください。あなたは感情的だ・・発言につながります。

職場の中で大きな声を出されて、もう帰りますと騒がれ、しまったと思ったけど、それでも、その時点で、私の発言が問題だとしてもあなたは給料をもらっているんだから・・と言っちゃって・・・

いまは、もっとうまく対応できなかったかなあと自分の技量のなさを反省してます。(職場の中でわあわあ騒いでいる彼女は感情的ではなかったか?ってことは置いといて)

その後この方が、自分には有給休暇がたくさん残っていて、辞める3月31日まで出勤しないこともできるけど、そうしないで出てきていると発言したと聞きました。
また、すべての発言が私はいかに頑張ったか、いかに評価されていないか等々、あくまで自分視点の発言で、組織がいまどういう状態、自分がどう行動すべきかとか、いまの自分が組織にどう貢献しているかとか、客観的に見る力がない。
それで・・・この方は30代半ばになって、これ?

それぞれに与えらえた業務はその人が責任を持って終わらせるもの、それがお金をもらって働くってことと思ってきて、周りもだいたい同じ様に考えていると思ってきたんですが・・・

そういう考え方って、自然に育たないんだなあって気がついて、今回の出来事、大きなダメージを受けたけれど、新しい気付きがあって新鮮でした。

それにしても、いろんな経験をすれば、自然に仕事ができるようになると思ってきたんですが、仕事を与えらえて、その場しのぎの仕事をすると、いつまで経っても何もできないんだなあと。

漫然と仕事をしていて、自分に育つつもりがなければ、仕事は身につかないんですね。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »