ナカキラ的読書記録、参考本・参考資料

2020年5月23日 (土)

「還暦からの底力 歴史・人・旅に学ぶ生き方」出口治明著

この著者の本は、割と読んでいます。本を書き始められた当初はほぼ読んでいましたが、出版される本が多過ぎて読み切れない状態です。
人生に関すること、会社経営に関すること、そして歴史に関することなど、幅広く、かつ短期間にたくさんの本を出版されています。

今は大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学の学長でもあり、さらには各地で多くの講演もされているということで(今はコロナウイルスの影響で減っておられるかとも思いますが)、どうやって時間を作っておられるんだろうと驚きます。

いろいろな出版社から本を出されていますので、同じような内容になるのでは・・とも思いますし、実際同じようなことが書かれているところもあって、当然ながら一人の人間が書くものだから、そうなるだろうなあと思いつつ、それでも著者の本を読むたびに自分なりに様々なことを考えされてもらえます。

無類の読書家で一万冊以上の本を読み、旅好きで世界1200以上の都市を訪れた方。
地頭が良くて、それに加えてそれだけの読書、経験をしていれば、見えている世界が違うだろうなって思います。

でも本の中では自分は怠け者で、凡人で‥風なことを書いておられて・・・ 
いやいやあなたは本当の凡人になったことないでしょう、本当の凡人のことは知らないですよ・・・なんてちょっと反発するところもありますが(笑)。

著者とは能力が違い過ぎても、凡人は凡人なりに、著者が言う歴史・人・旅等で学び続け、考え続けたいと思います。

常日頃から、読書をする時は、書かれたものをそのまま受け入れるのではなく、そこに書かれているものを自分はどう解釈しているか、矛盾のない主張かなどを自分なりに考えて読むよう心掛けていますが、どうやらそういう読み方でいいんだと自分なりに納得。

 

さて、この本、タイトルからは、いまどきよくある老後の過ごし方、ある程度年を取って、死ぬまでに何をすべきか‥なんてことが書いてあるかと想像しますが、全く別物。

終わりに向かっていかに店じまいをするかではなく、いまこの時をいかに楽しむかが書かれた本であり、高齢者でなくとも読んでみて、この本に書いてあることを自分がどう考えるかを楽しむ本。

著者が今まで主張してきたことと同じことが書かれていますが、構成が違っていて、いままでの本とはまた違う感じ方ができる本でした。

参考本もたくさん掲載されていて、また読みたい本が増えました。やれやれ・・・

20200523-181104

2020年5月11日 (月)

「経済と人類の1万年史から、21世紀世界を考える」ダニエル・コーエン著、林昌宏訳

ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」を読んで、ただ過去の事象を追う歴史の読み方をしていたんですが、歴史の見方ってそれだけじゃないんだと歴史を知ることの奥深さ、面白さを感じました。
常識だと思っていたことを根本から問い直す人がいて、それがなぜ今まで誰もそういう見方をしなかったんだろうと思うと同じような本が読んでみたくなって、同じくベストセラーのジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」も読んでみました。
そして今回、「経済と人類の1万年史から、21世紀世界を考える」を読みました。

文明の起源から第一次世界大戦ぐらいまでを描いた「なぜ西欧が経済発展したのか?」
二つの世界大戦、それ以降を描いた「繰り返される経済的繁栄と危機」
現在の状況から今後を考えた「グローバル化/サイバー化する経済と社会」
と3部構成になっており、
特に第3部「21世紀を動かす新たな法則とは?」とサブタイトルがありましたが、やはりこれからどうなるかについて、著者はどう見ているかというところが一番面白く読めました。

その中でも第12章「歴史の終焉と文明の衝突」の中で、国の経済成長について書かれているところが強く残りました。

引用すると『近代の経済成長は、国民国家の近代的枠組みに依拠しなければならない。富を生産するためには、資本(機械)、人材(教育・公衆衛生)、効率的な社会制度(きちんと整備された市場、公平な司法)がほぼ同程度の割合で必要になる。そして、これらの三つの項目のうち二つは(人的資本と社会制度)、国家が生み出す。経済学者は、これらを国の社会的インフラと呼ぶ。実際に、国家が「公共財」として責任を負うからこそ、社会的インフラは存在するのだ。社会的インフラがなければ、個人の成功もありえない。』
『日本が成功した理由は、国が学校・公衆衛生・司法・領土など、基本的な公共財をきちんと整備したからである。日本のそのようなやり方は、アジア全域でコピーされた。』

個人が成功するには、国がしっかり社会的インフラを整えているという前提があること、つまり個人は、国がどのような枠組みを作るか=国の舵取りから影響を受けざるをえない、
ここでは日本が成功例に挙げられているけれど、いまの日本は「公共財をきちんと整備」することの大切さを忘れたように見えており、そうであれば成長は望めないし、その先の個人の成功もありえないのではないか
など考えながら読みました。

第15章「非物質的な資本主義と経済法則」
最初のソフトウェア、仕組みやコンセプト(非物質的なもの)を生み出すことが実際にそれをモノとして製造することよりも大きな価値を生み出すこと、そして経済活動においては非生産的なものがさらに重要なものと見なされていくだろうことについて、現実としてわかっていることではあるけれど、それでいいのか、これからどうなっていくだろうと不安を感じました。

新型コロナウイルスが流行し、世界中が対策に追われる中で、コロナが終息した後、いままでとは違う世界になるとも言われる状況で、では現時点なら著者はどのようなことを考えるだろうなどとも考えつつ、読みました。

それで、この本自体がいつ頃書かれたものかが気になったので見てみると、原著は2009年、翻訳されたのが2013年。
原著は、もう11年前。

最初に挙げた本がいつ頃書かれたか気になったので、確認すると「サピエンス全史」は原著2011年で、2016年翻訳。
「銃・病原菌・鉄」は原著1997年、2000年翻訳でした。
自分は「サピエンス全史」が始めに書かれて、それに影響を受けて各著作が出てきたのかと思っていたんですが、逆にサピエンス全史の方が新しかったんですね。

歴史から人類そのものを考えてみる。もっと他に同じような本があるんでしょうし、2020年の今、新たに出版されている本はどのような見方をしているのか。
もう少し、こんな本を読んでみたいです。

20200511-0921052

 

2020年1月18日 (土)

「家族という病」 下重暁子著

親との関係、特に母親との関係がうまくいかないので、自己嫌悪に陥っています。


親は自分を育ててくれた人だから、大事にして当たり前。
そう思うべきなんだろうなと思いつつ、そうは思えない。

自分は人間として駄目な奴なんだろうなあ・・と。

でも、ちょっと前に読んだ若宮正子さん(80代でプログラミングを初めたことで有名になった方)の本の中で、母親とうまくいっていなかった話があって、悩んでいるのは自分だけじゃない、皆さん、親との関係どうなんだろうなどと思っていた時にこの本を書店で見つけて思わず買ってしまいました。

読了。

著者が自分の家族について語った本であり、家族にとらわれないでも・・といいつつ、結局、著者自身もまだ割り切れておられないように感じました。

自分自身が整理をするために書かれた本だなとも感じました。

 

他人が語る家族の本を読んでも、自分が見ている家族とは別のものだから、ほんの少し参考になっても、自分の気持ちを整理できるまでにはならないんだな・・というのが読み終わった感想です。

自分の気持ちを整理するには、そのものずばり「家族」というタイトルがついた本よりももっと別の本を読んだ方がいいんだろうなとも感じました。

それがなんなのかはわかりませんが・・・

 

20200118-171031_20200118174201

2019年8月17日 (土)

「進化しすぎた脳」 池谷裕二著

お盆休みは終わってしまいましたが、その間に戻ってきた『本を読みたい』という気持ちはまだ続いています。

せっかくなので、在庫一掃セール的に過去に手をつけて読みかけになっている本を読んでいます。

本日、ずっと前に投げ出していた「進化しすぎた脳」を読み終わりました。

長い間の棚ざらしで日焼けができていた。。。

脳科学者 池谷氏が中高生に脳について講義をした内容を中心に書かれているこの本、最先端の研究を中高生向けに易しく解説したものにもかかわらず、根っからの文系、かつ先生や生徒さんたちとは世代がずっと離れていて、なかなか内容に入れなかったのが、当時、途中で投げ出した原因かな~なんて思っています。

今回改めて読んでみて、自分にもある脳について、全然知らないんだなあとか、そうなのかあって新鮮だったんですが、まあ、あんまり良いとは言えない頭脳の持ち主ですから、書かれた内容をどれくらい理解できたか、表面の字面を追っただけかもしれません。

そんな私にとっては、第五章の「僕たちはなぜ脳科学を研究するのか」以降が印象に残りました。

この章は、中高生に講義してから2年半経った時点で、先生が所属されている研究室のメンバーとお話をされた内容です。

なぜ脳科学を研究するようになったか、研究者向け(中高生向けではないけれど、読者にも理解できるよう易しくした)脳のしくみ、脳科学の限界、さらに科学とは・・・などが語られていて、

うまく表現ができないので月並みになってしまうけれど、人間っていいなあとか、科学が進歩していって、それが良いことかどうかはわからないけれど、それが人間、それこそ脳が求めるものであれば、将来結果がどうなろうともそれはそれでいいんじゃないかと。

さらにいいっと思ったのが、最後の「ブルーバックス版刊行に寄せて」。

この種の結びは、自分にとっては、おまけでついているもので、読まないと最後まで読んだ気にならなくて目を通す程度のものです。

でも池谷先生のこれは、よかった!! ・・・どうよかったか。うまくまとめきれずに単なる引用になりそうだから、ここには書かないことにします。

将来このブログを読むことがあって、気になったら、本を開いてみることにします。

ほとんど目に留める人がいないこのブログですが、間違ってここを読んだ人は、「進化しすぎた脳」ブルーバックス版を読む際は、末尾「ブルーバックス版刊行に寄せて」は、ぜひ本文を読んだ後で。

絶対最後に読んだ方がいい・・・と思います。

 

2019年4月20日 (土)

「日本人の勝算」デービッド・アトキンソン著

この1年、すっかり本を読む気が失せていましたが、少しずつ復活してきています。

久々にビジネス書的な本を読んでみました。

30年日本で活動されているイギリス生まれのアナリストの方の本、「日本の勝算」。

日本を愛する方が、日本の凋落に危機感を持ち、これからさらに進む人口減少の中で、経済的に豊かな国として日本が生き残るために何をすべきかを提言された本です。

多く海外の研究が根拠にされていて、第1章から第6章まで「人口減少を直視せよ」、「資本主義をアップデートせよ」、「海外市場を目指せ」、「企業規模を拡大せよ」、「最低賃金を引き上げよ」、「生産性を高めよ」まで、とても新鮮でしたが、自分の頭では、そうだよね、そういうことだったのか、そういうものなのかな‥程度の理解でした。

でも第7章、「人材育成トレーニングを「強制」せよ」では、学校卒業後、それまでの知識で仕事をしていくことの問題を論じた本はたくさん読んできたけれど、改めて、我々、少なくとも自分が、学びの時期を大学までの若い頃だけに限定しているのが、とてもおかしいことだと感じました。

小学校から大学までが、学びの時代で、それが終われば社会人として働くが当たり前と思ってきて、

社会人になってから再び学校で学ぶことが、社会人教育という言い方で、意欲の高い人だけがやることみたいに考えているけれど、

これだけ学問技術が進歩する中で、学校を卒業したら終わりではなく、常に学ぶことが普通にならなくてはいけないのではないか。

この本を読んで、そういうことを考えさせてもらいました。

それから、経済を考えるときに、総額で考えてはいけないということ。日本は人口が多いから総額で見たら世界の中で高い順位に位置するけれど、一人当たりに直したら、大きく順位を下げるという言い方が度々でてきました。

なんのために経済成長が必要か。世界の中でランキング競争をするためでなく、国民一人ひとりが豊かに暮らすためということを考えると一人当たりでどれくらいの水準があるのかというのが大事ですよね。

日本人はなんにせよ日本が世界の中で、何位かっていうのにすごくこだわるように思うけど、そもそもそれってなぜ?

久々に本を読んで、読んでいる間いろいろ考えました。

この本を読んで直接自分ができることはないけれど、この本に書かれていることも含め、世間で言われていることにどういう意味があるのか、言われていることをうのみにせずに考える。自分はそれを面白いって感じているし、好きなんだなあって気がつきました。

著者が伝えたかったこととは違う理解になるかもしれないけれど、自分なりで。

もう少し本を読む時間を増やそうかなって気になってます。

20190420-170037_1

2018年9月24日 (月)

日経新聞日曜版The STYLE My Story

今日は振替休日の月曜日ですが、日経新聞日曜版のお話。

日経新聞は昔から読んでいて・・というか眺めていて、休日の日曜日は読書欄を楽しみにしていました。

しかし、紙面構成が変わって読書欄が土曜日に移り、ゆっくり新聞が読める日曜日の楽しみがなくなりました。

日曜日は「The STYLE」というちょっと上質な紙を使った特集が紙面の間に入るようになりました。


20180924_102357

「The STYLE」は、ONもOFFも楽しむ、仕事のできるちょっとお金持ちの方向けの紙面(あくまでも個人の感想です)で、私にとってはスルーもしくはこんな世界もあるのね~というページですが、最近はその中の「My Story」をちょっと楽しみにしています。

各界の著名な方のマイストーリーですが、仕事以外の一面を紹介する内容の署名記事。
美しく仕上がった記事に、掲載された方々とは雲泥の差の人生ですが、自分も頑張ろうって気になります。

9月のお気に入りは

9日掲載の日本総合研究所理事長の翁百合さん、16日掲載の東京海上ホールディングス社長の永野毅さん。

翁さんはまだまだ女性に厳しい日本にあって、日本総合研究所のトップになるような経済の専門家でありながら、子育てをしっかりして、いまはゴスペル合唱団に参加したり、ピラティスで身体づくりをしたり。

多くの女性がこうなりたいと思う理想の姿を体現されている。

いいなと思う反面、逆に自分は自分と思える。

仕事と家庭の両面でモヤモヤ悩んでいましたが、この記事を読んで、いろいろあるけれど、自分がやれることだけに集中しようと気持ちが切り替わりました。

それから永野さん。

身体を鍛えて、泳いで、かと思えばピアノを弾いて・・・
永野さんは海をバックにした大きな写真がとてもいい!
翁さんもそうですが、永野さんも多趣味。

紙面で切り取られるのはほんの一部の華やかな面だけだろうけれど、文字を追いつつ、書かれている場面を想像して、エグゼクティブの豊かな生活にため息をつく。

自分とは全く縁のない世界が書かれているけれど・・・

日曜日、まずこの面を「今日は誰だろう?」と開きます。

2018年4月 8日 (日)

「「考える人」は本を読む」河野通和著

ここ1年ほど、本を読む気がまったく失せていて、1か月に一冊も読まないこともありました。

でも、このところ、急に本を読む気になって、手に取ったのがこの本。

2018年3月26日号、No,1934の日経ビジネスのBOOK紹介記事をこの著者が書いておられて、その文章に引き込まれて、紹介されていた本3冊も気になったんですが、この河野さんが書かれているものを読んでみたいと思い、この本を手に取りました。
新書版。

本の帯に「極上の読書案内」と紹介されていて、本を紹介する本なのですが、面白い。
いままで、本の紹介を読むと紹介されている本に関心が行っていたんですが・・それが読書案内としては普通・・

この本は、この本そのものが面白い。

通勤のバスの中で読んでいて、涙が出てしまうことも。

ただ本を楽しむために本を読む。

自分の趣味の欄に「読書」と書いてきたけれど、自分の趣味は例えば知識を得るために読むような、ほかに目的を持った読書だったなあと。

面白いから本を読む。

面白そうだから、ただ読む。

ただ本を楽しむ。

これからは、本当の「趣味の読書」をしてみたい・・・そんな気になった本でした。

20180408_143449

2017年11月 3日 (金)

「インドで考えたこと」堀田善衛著

情けないほど本を読んでいません。

最近、本を読まないって報道があったように思いますが、その中に「月に一冊も本を読まない人が・・・」とあったような・・

月に一冊は最低ラインってことかな。

かつて月に4,5冊は読んでいて、それでも年間50冊程度で、少ないなんて思っていましたが、いまや・・・10月は1冊。

今まで本を読んでいた時間は、何をしているんだろうと考えてみると、特に何もしていない。ぼんやりテレビ見ているのかな?

もちろんたくさん読めばいいってもんじゃなくて、一冊を丁寧に読んでもいいと思います。でもそれさえしていません。。。


さて、そんな読まない状態の中で、読んだ「インドで考えたこと」

どこか旅行に行きたいなあと思いながら、本棚を見ていて、かつて買ってそのままになっていたこの本を読み始めました。

スキマ時間にダラダラ読んで、読み終わるまで時間がかかりましたが、とても新鮮な本でした。

1957年に岩波新書の初版が出ている本なので、ずいぶん昔に書かれたもの。

著者が日本の文学者としてドイツで開かれた会議に出席するため、会議期間、割と長期にインドに滞在し、会議に参加する主にアジアの方と一緒に過ごす間に考えたことを書いたもの。

インドでの観光やインドと英国との関係、インドの歴史なども書かれていました。

もう60年も前のことを書いたものなのに、ぜんぜん古さを感じない。

あるがままに存在するインドを見て、欧米に追随して進んでいく日本を比較しながら様々なことを考えているのですが、

まさに、いま、私たちが欧米型の生き方に疑問を感じていたり、経済的な豊かさで豊かな生活につながるのかなんて考えていたりしますが、
同じ様なことが書いてありました。

自然体で書かれていて、インド、欧米、そして日本、疑問を呈しつつもどれがいいとは言っていない。

強く感動する本ではありませんでしたが、いい本だなあと思いました。

読み終えて・・・自分が生まれた国、日本、そしてアジアをもっと知りたいと思いました。

2017年10月15日 (日)

「純ジャパニーズの迷わない英語勉強法」上乃久子著

確か日経新聞の紹介記事があったので、読んでみました。

読みやすくて遅読の私も2時間ぐらいで読めました。

Amazonのカスタマーレビューで正統派の英語勉強法と評価されている方もありましたし、はじめの方で中学の頃から英語に興味があって、ずっと英語を学んできたということが書いてありましたので、私の英語勉強には、参考にならないだろうとは思いましたが、面白く読めました。

英語への情熱が伝わってきましたし、仕事で英語を専門的に使っている方も日々学びと考えていらっしゃることに、英語勉強という面ではなく、仕事をするっていう面で、とても学ぶ本でした。

最近、かなり衰えていた本を読むとか、いろんなことを学びたいという気持ちが、この本を読み終えて、少し戻ってきたような気がします。

勉強法とか、○〇法とかいうノウハウ本や他者の経験談を書いた本は、そういう本を読んでいる時間が無駄なような気がしますが、自分の気持ちが前向きになりますので、無駄と思わずに時々読むのもいいんだなと思いました。

2017年7月30日 (日)

「本物の思考力」出口治明著

最近、本を読んでも面白さを感じず、あまり読書をしていませんでしたが、久々に一気にこの本を読みました。

章立ては

第1章 根拠なき「常識」が蔓延する日本

第2章 日本の教育を再考する

第3章 腹に落ちるまで考え抜く

第4章 怠け癖には「仕組み化」

第5章 構想する力

この章立てだけ見ても、

今の状況って変だよね~
なぜそうなるのかな~

等々、日々起こる出来事に「これでいいの」って、危機感ってまで立派じゃなくても、これからのことを考えてうんざりしてる人が目にしたら、惹かれてつい読んでしまうと思います。

圧倒的な知識量の著者の言うことだから、頷いてばかりで読んでしまいますが、あえて自分はどう考えているんだろうかと考えながら読んでみました。

刺激的な本でした。

この本を読んだ最も大きな収穫は、

著者が122ページで引用している自然哲学者 山本義隆氏の学ぶ理由について語った言葉

「専門のことであろうが、専門外のことであろうが、要するに物事を自分の頭で考え、自分の言葉で自分の意見を表明できるようになるため、たったそれだけのことです。そのために勉強するのです。」

一生懸命本を読んでもちっとも頭に入らないし、若い頃勉強してなかった自分が今学ぶことはたいがいの人が既に知っていること。

それでもなぜ自分は学ぶのか、学びたいと思うのか。

自分の頭で考えたい・・・この引用を読んで、まさにって思いました。

より以前の記事一覧