○ 健康・医療・介護

2014年10月17日 (金)

心の病気の予防について考えたこと

美味しいモノをつい食べ過ぎた時に、「からだが資本」だからと言い訳めいて口にしてしまいますが、身体を壊した時に、健康の大切さを痛感します。

病気になってしまうと何もできない。健康は、人の活動のインフラだと思います。

最近の組織、身体的な病気もさることながら、心の病気、メンタルヘルス不調を訴える人が非常に多くなっています。

人の集合体である組織もその構成員が健康でないと何もできない・・と思います。
なぜ心の病気が多くなっているか?

企業間の競争が激しくなって職場環境が厳しく、心が休まる時間がないとか、人間関係に配慮できない状態になっているというのは確かだと思いますが、

かつて、例えば昭和の頃に比べて、人が傷つきやすくなっているんではないかと感じます。

お金持ちではないいわゆる一般的な家庭では、子どものために使えるお金がなかった時代、子どもは欲しいモノがあっても我慢したり、自分のお小遣いを貯めて欲しいモノを手に入れていた。

それがいまやみんなそこそこお金を持っていますから、欲しいと言えば、だいたいすぐ手に入る。甘やかしてはいけないと思っていても周りがみんな持っていると親は子を不憫に感じて、つい買ってしまう。

我慢をするとか、こつこつ努力するとか、自分だけが耐えるとかいうところが育っていないんじゃないかなと思います(もちろん自分自身も例外じゃないですが)。
だから組織の中のちょっとしたこともストレスになる。

耐えたり、努力したり、それなりに心を鍛えてきた人とそうではない人、同じ職場にいても、人によってストレスに感じる因子の数が違っている。

身体の方は、予防の方にかなり注目が集まって、食事に気をつけたり、運動をして基礎体力を高めることを勧められるけれども
心の方は・・・
食事や運動は、心にも良い影響を及ぼすでしょうし、ストレスを感じたら、十分に睡眠を取るとか、気分転換をするとか言われるけれど、あくまで対処療法では?

心と身体と比べた場合に、身体は食事や運動で割と短期間で改善ができるけれど、心の方は、生まれた時からの生活すべてで作られていて、短期間では“改善”というか、“変える”ことは難しいように思います。

メンタルヘルス問題って、職場だけじゃなく、子育てや教育の問題として総合的に取り組まないといけないんじゃないかなあ~

メンタルヘルス問題に限らず、人が社会に出てからの対策はたくさんあるけれど、その前の期間は、家庭の問題、個人の問題として聖域化されている部分があって、各家庭に任せられ過ぎているんじゃないかと感じます。

いまはあまり聞かないような気がしますが、若者のマナーの悪さを家庭の責任だっていうのはよく聞いていました。確かに家庭で身につけさせるものだけど、家庭もいろいろあってダメ親だっているんだから、社会の迷惑になることは社会全体で考えないといけないのでは?

ところで、メンタルヘルス不調を訴える人に、それはあなたのせいだと言っているのではありません。
それは身体の病気になった人に「あなたが日頃から身体を鍛えていないのが悪い」と言うことがないのと同じで、メンタルヘルス不調には、決定的なきっかけとなる大きな原因があるはずですから。

途中ちょっと横道にそれていますが、身体の予防対策と同じように、心にも予防対策があるんじゃないか、それは身体に比べてかなり早い時期から取り組まないといけないんじゃないかと思ったといういう話でした。

2013年9月 8日 (日)

社会保障制度

今日は、かつて通っていた社会人大学院の有志による自主勉強会の日でした。

某大学院公共経営研究会(QAN-p)と呼んでいるんですが、名前のとおり、公共部門の勉強をしております。

本日のテーマは医療。発表の担当者が市の現在国民健康保険の部署にいるので、市の国保がメインになりましたが、国の危機的財政状況を憂える担当教授が、社会保障全般のことも考えさせてくださいました。

国の財政について、かつては行きすぎた公共事業が問題だと言われてきましたが、いまは誰もが高齢化に伴う社会保障費の増加が最も大きな問題であるということは共通認識だと思います。

問題であることはわかっているんですが、これを改革するのは至難の業です。

始まったサービスをなくす、あるいは減らすということはほとんど不可能です。

特に受益と負担がはっきりしないものは、財源が自分が払う税金や保険料だとわかっていて、もっと給付水準を下げて支出を減らすような制度にしないと駄目だと頭ではわかっていても、それが自分がいま受けている医療との関係になるとすぐに財布がいたむ話ではないので、できるだけいい医療を、と思うのが人情です。

そんな個人の心理と共に、制度がとてもわかりにくく、かつ複雑に絡み合っていて、専門家でないと議論ができないような状態になっています。

今日も2時間程度話をしましたが、公共全般に関心があるメンバーでも、社会保障制度の細かいことが必ずしもわかっていない者同士ですので、制度の説明から始まって、結局は核心にたどり着けなかったじゃないかと感じます。

複雑になってしまった制度のうち、改革に関係が深い部分とそれほど影響がない部分と分けて、影響がない部分について、単純化してわかりやすくするなど、利用者の多くが議論に参加できるようにまずは制度のわかりやすい解説を作る。


今の状態だと改革の議論ができそうにないので、回り道になりますが、まずは制度の理解から・・ですかね。

2013年8月10日 (土)

社会保障制度改革をきちんと知ろうと思うと・・

2013年08月08日辺りに社会保障制度改革の記事があったなあと、政府、省庁HPで原文に当たろうと思ったところ・・・

記事はこんなのです。↓

『社会保障制度改革国民会議が最終報告書~社会保障制度改革国民会議(会長:慶応義塾長の清家篤志氏)は8月5日、最終報告書をまとめた。今後予定されている消費税増税を前提に、社会保障の給付抑制策や充実策を提示。かかりつけ医に緩やかなゲートキーパー機能を持たせることや、医療機能の分化・連携の推進、現在1割に据え置かれている70~74歳の医療費自己負担割合の2割への引き上げなどを盛り込んだ。』【8/8日経BPネット引用】

何やら一杯会議やら審議会部会が出てきました。下記引用は一部です。

全部を読むのは、私には不可能・・・のような気がします。

2012年8月 1日 (水)

【備忘】「介護ロボ、保険対象に 利用料9割補助」~日経新聞2012年7月30日(月)朝刊から

2日前になりますが、日経新聞に国が介護ロボットを平成15年度から保険の対象にするという記事がありました。

『政府は介護・福祉に役立つ先端機器(介護ロボット)への公的保険の適用範囲を拡大する。歩行・食事など介護される人の自立を助ける機器、入浴・車いすへの移乗など介護する人の仕事を助ける機器などを介護保険の対象とする。必要な機能を絞り込んだうえで2015年度から利用料の9割を補助する。介護士の不足に対応すると同時に、国内メーカーに安価で使い勝手のいい製品の開発を促す。』

目的は、介護人材の不足とこの分野の開発促進ってことなんですね。

『介護支援機器の保険適用の先例として、政府は12年度から寝たきりの人の排せつを支援する機器を対象に組み入れた。3年に1度の対象見直し年度となる15年度から本格的に適用範囲を拡大する考えで、今年度中に経済産業省と厚生労働省が新たに保険適用する補助機器の種類を選定する。安全基準や現場での実証試験に欠かせない安全性の検証手法も構築する。』

経済産業省と厚生労働省が併記されていますが、連携して取り組むってことなんですかね?

『多機能で高額な機器まで無制限に保険適用を認めると、介護保険の支払いが膨らむ。このため、介護現場のニーズを踏まえ、本当に必要な機能に絞った機器の開発をメーカーに促し、介護保険料の引き上げなど国民の追加負担につながらないようにする。』
国からお金が出ると一気に企業が参入しますが、”本当に必要な機能に絞る”って難しいですよね。

『13年度から介護補助機器の開発へ補助金を出すことも検討する。』
やっぱり補助金ですか。。。

『経産省は、介護・福祉ロボットの市場規模を15年は167億円、35年には4000億円強に増えると推計している。保険適用の拡大でさらに増える可能性がある。
 政府は介護現場での補助機械の普及を、ヘルパーら人材不足の緩和にも役立てたい考えだ。25年には現在の2倍の250万人の介護従事者が必要とされるが、低賃金などの理由で現場は慢性的な人手不足に陥っている。』

データとして記憶しておきたいです。
市場規模、大きいですし、人手不足も深刻ですね。

財政状況が厳しいから、主なお客様が国(保険)というのは限界があるのでは?

保険が適用されなくても必要な人が買いたくなる製品の開発を目指した方がいいような気がします。
高齢化が先行して進んでいるから、取り組みも先行しているはず! 海外にも市場がありますから。
(素人が言わなくても既に開発が進んでいるとは思いますが・・)

ちなみに
介護ロボは、
(1)体に装着するタイプ・・腕や足に装着して、荷物の持ち上げや歩行といった運動を助ける、
(2)日常生活を支えるタイプ・・食事や入浴、排せつなど日常生活を手助けして、介助者の負担を軽くする、
(3)コミュニケーションをとるタイプ・・話したり鳴いたりしてコミュニケーションをとる。高齢者のメンタルケアや見守りに活用と分けて整理されてました。これも記事からです。