○ 文化・観光・交流

2016年9月22日 (木)

『企業研究Vol.93 クラブツーリズム』日経ビジネス2016.09.19号

今週の日経ビジネス、特集の「サラリーマン終活」も気になりましたが、旅行業の「クラブツーリズム」を取り上げた企業研究を面白く読みました。

「シニア旅行の革命児」というタイトルがついています。

『顧客一人ひとりの趣味に徹底して対応したバス旅行で、シニアの心をつかみ、業績は堅調だ。インターネットの予約や販売が増える旅行市場で、添乗員によるサービスを極めたツアーで勝負する。旅行にとどまらず、介護、家事代行、そして認知症予防の研究まで、将来を見据えた種まきも怠りない。』

ここですべてが語られていますが、

「一人ひとりの趣味に徹底して対応する」
「シニア」をターゲットにしている
インターネット予約、販売が増加するなかで、あえて「添乗員によるサービスを極めたツアーで勝負する」
そして、本業の旅行でシニアをターゲットにしていることから、介護や家事代行、認知症予防と高齢者に関連する事業へ目を向ける。

一人ひとりの趣味に対応するために、多様な趣味の分野で顧客を超える専門性を追求しなければならない。
旅行する機会が減っていくシニアを旅行に連れ出す工夫をしなければならない。
インターネットで手軽に旅行予約ができるようになっている中で、添乗員がいるツアーの魅力を伝えなければならない。
シリアが利用するものではあるけれど、介護や家事代行は全くの異分野である。

記事を読むと、どのように強さを作っているのかがわかりますが、それよりもやっていることのどこも難しそうだけれど、そのどの部分もこの仕事を担当したら面白いだろうなと感じさせる。

こんな会社で働けたらいいなと思わせる企業です。

いいビジネスモデルだと思っても簡単には真似できない。そんなところもいいです。

それから、この記事について・・・読み方によって、まったく違う分野で参考にできるところがありそうな気がします。

2016年3月20日 (日)

観光を振興する覚悟

3月半ば、熊本県小国町の温泉に行ってきました。
温泉が目的なのでいつも観光適当、下見なしです。

Cimg3988

温泉があるのは、ほぼ山近く、建物まばらなところです。
そんなところに行くとつい職業病が出てしまい、地域振興的目線になってしまいます。
それで今回もふと気がつくとそんな目線になっていました。
目的の温泉に行く際に、全国的に有名な黒川温泉の横を通りました。
車で通っただけですが、ちょうど観光バスから降りた方々が道路そばにいらっしゃいました。
黒川というと、私の中では、少人数でひっそり出かける場所というイメージだったのですが、有名になってしまうとそうもいかなくなるんだろうなとちょっと寂しい気がしました。

さて、観光は考えていないと言ってもせっかく遠出するので、竹田市へ。
リサーチ不足のまま、岡城址や竹田市内を見て回りました。

Cimg39301_2

Cimg3939

Cimg3943

岡城址は、桜の木がたくさんあって、桜の開花時期はいいだろうなと思いましたが、まだまだ寒い時期、写真を撮っても観光客がほぼ入ることがない状態でした。
でも、観光客である私にとっては、とても快適な状態。誰を気にするでもなく、ゆっくりと歩けて、岡城址では「荒城の月」を作曲した瀧廉太郎氏が、ここを散策しながら何を感じたのだろうなんてぼんやり考えたりしました。

いま日本は、観光で稼ぐべしという考え方が広がってきて、それぞれの地域が国内各地や海外から人を呼び込もうとしているけれど、人を呼び込むってことは人がたくさんになるっていうこと。
人がたくさん集まるということがその場所がたくさんの人に共有されることになるってことで、それは、自分だけの空間が少なくなるってこと。
人が豊かな生活をするためには、お金が必要で、国が豊かになるためには、付加価値を生み出す仕組みを作ることが大事なんだろうけれど、そのためにゆっくり過ごせる場所、時間を失うことってどうなんだろうって考えます。

もはや稼いだお金でモノを買って豊かになることよりも、お金で買えないもので豊かになりたいと思っている人が増えた日本にとって、観光を振興するってことがどういうことなのか、ブームに惑わされないでもう少し考えてみたいなと感じた小旅行でした。

2014年9月 8日 (月)

シンガーポールで感じたこと

いつの間にかもう9月。

そしてもう8日。 9月になって初めての記事になります。

今日は中秋の名月ですね。

さて・・・ シンガポール観光に行ってきました。

Rimg0429_2

観光ですから上っ面を撫でただけですが、私なりに・・というか私らしく感じたことをメモします。

【街の活気】 人口密度の高い国だからどこを見てもたくさんの人がいます。

でも上海で感じたパワーを感じない・・めざましく発展をしてきて豊かな生活が手に入り、焦りがないのかな~ 上海では街すべてが成長を追っかけているよう勢いを感じましたが、シンガポールは庶民にも豊かさが手に入っているから、がつがつ(表現が悪いですが)しなくていい、それがパワーがないように感じたのかな~


・・ あくまで上海との比較で、日本と比べたらパワフル! どこを見ても小さな子どもを連れた家族ばかり。若い国だなあって感じました。


【人工的】 新しいビルがどんどん建設されています。

泊まったホテルの前も高層ビルの工事中でした。
Rimg0428_2

町全体が作られたもの、とても人工的なものを感じました。

町は人が作ったものですべてが人工物ですから、変な言い方ですが、ニュアンス伝わりますよね。

近未来的というか・・・ 観光スポットもどんどん増えているようですが、観光地としては今一歩魅力が薄い。
自分が中高年齢層だからかもしれませんが、もっとこの国だから感じられるもの、歴史や空気を感じたい。

観光地になるべく、どんどん観光名所を作ってもダメなんだなあと感じました。

地方に住んでいる者から見ると新しい名所が次々と誕生する東京は行ってみたい場所なんですが、海外の人から見たらどう見えるのかな~

歴史ある京都、こちらも行きたい場所で、行けばそれなりに歴史やその町が作ってきた空気を感じるのですが、観光地としてのサービス精神が行き届いていて観光客にわかりやすい所になっている。

これもある意味、人 工的。 観光地として他人に見てもらうためには、見る人に媚びないこと。真剣に地で生きて、それを見てもらうのがいいのかなあ~なんて感じました。

【多民族】 アジア系も欧米系もごちゃごちゃに住んでいる。移民や滞在者も多いんでしょうが、国民は肌の色や体型が違ってもこの国を愛している。

日本人の私は、コアの人種は?なんて感じてしまう。そんなのなくなっているんでしょうね。


話している英語がちょっとなまっているなんて感じて、標準語は?なんて思ってしまうけれど、もはや、それもないんでしょうね。 国とは何なのか? 

またいまから日本が移民を受け入れた時に、どんな変化をたどっていくんだろう?なんて考えさせてもらいました。


シンガポール・・日々進化をしている都市。

とても魅力的なんですが、若いとは言えなくなった私は、住みたいと思わない街でした。

そして・・日本、あるいは私の住む福岡は、どんどん発展する街(エネルギーが足りないからそうなろうと思っても無理かもしれないですね)ではなく、違った存在感を持つ街になって欲しい。

資源の限られた場所で、衣食住がある程度満たされれば満足が得られる人間が、ひたすら発展を目指す必要はないんじゃないかな~

そろそろ自分たちが持つ価値を大きく変えてもいいんじゃないかなあ~なんて考えました。

2012年5月18日 (金)

歴史を振り返って原点に戻って良さを引き出す

最近、第二次世界大戦後の占領の時代およびその後を書いた本を読んで、すっかり日本人に失望しています。
また、第二次世界大戦で日本人は過去の価値観を全く変えてしまって、完全に別物になったと考えていいんじゃないかなと感じています。
ですから、このところ、日本の産業、特に製造業の元気がなくなっていることに対し、例えば伝統工芸であったり、サブカルチャーであったり、”日本文化の中で独自に育まれてきた”的な能書きがあって、だから日本はすごいんだみたいな話があると、何言ってんだと思ってしまいます。

そうはいっても国としての歴史があって、日本独自に発展してきたものがいまも残っているのは確かです。(これはどの国も同じことであって、それぞれの国がその国の歴史とともに独自に発展させてきたものがあるので、日本だけが特別ではありませんが・・)

例えば、有田焼は、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に朝鮮から連れて帰った陶工たちが佐賀有田の地で焼き物作りをしたことから始まっていて、それが早くから西洋への輸出品として美しさを磨いていったとか・・

日本各地に残る伝統的な工芸品、あるいは芸能や風習などについて、それを日本独自のものとして売り込んでいく、あるいは観光の目玉とするとすれば、単にいまあるものを売り出していくだけではなくて、過去の歴史をさかのぼり、それができた当時からを振り返って、そのうえで現在の感性で新しいものを作っていく。

それぞれが、過去の歴史をくぐり抜けてきて、今の形がある。
過去の歴史からしっかり振り返って、その物語を分かった上で、現在の価値をプラスしていく。

地元にあるものを売り出そうとして、日本全国各地域がいろんな取り組みをしているけれど、そのものの過去を知って、その過去の延長線上に今後を見ていく。
そのものがどういうふうに時代を乗り越えて今ここにあるのか。

過去を深く知った上で、未来を見ていく。さらにいいものにしていく。

いまの姿と同じものを複製して売っていくのではなく、ちょっと手間がかかるけれど、過去に遡ってそのものの価値を再認識して、さらにそこに現代的な価値を加える。
伝統工芸のいまの形が完成形ではなくて、未来に向かって成長させていく。
それはいまある姿からいきなり新らしいものをプラスするのではなく、過去にそのものが作られてきた歴史を尊重してその流れを生かして、それをさらに未来に伸ばす。

そんな方法で日本らしい物の良さをさらに引き出すっていうのはどうかなと思っています。

2012年2月 2日 (木)

湯治で地域おこし

数日前の日経新聞の記事が気になっています。
「湯治で地域おこし 長期滞在・移住者招く」(日経新聞2012年1月30日)
温泉に旅行に行くとこんなところでゆっくり過ごしたいなあ~、ずっと居たらどうかなあ~なんていつも思います。
もちろん「仕事がなければ・・」って条件が大前提になってしまいますが・・

うん?そうすると仕事がなくなれば、つまり定年退職後は温泉地?
そうすると今度は費用が・・

以前にこんなブログ記事を見つけたんですが、

Chikirinの日記:日本の温泉旅館も連泊を前提に!

お金持ちに限らず、時間があったら心豊かな生活をしてみたい。

ひょっとしたら温泉よりも普段味わえない自然の方が心なごませてくれるとすれば、温泉地でなくてもいい。

この日経記事のように人口減少の中で地域振興を考えた際に、人を呼び込みたい自然いっぱいの地域なんてたくさん。

でも私はこの記事のように宿泊補助とか、何かプログラムをつけるというのより、とにかく安く心地よく、住まわせていただきたい。わがままだけどいままで住んでいた地域とのつながりを持ちながら・・

自治体中心の補助や企画は予算がなくなったら終わります。それじゃ利用する方はちょっと不安。

低コストでペイする仕組みができないかなあ~